忍者ブログ
なんちゃって太公望「duo」の雑記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

だってあんな時間に現れて、

しかも「どうぞ!」ってあんなものを差し出されたら、

そりゃ誰だって、


「いっぺー、やってくか?んっ?」


って聞かざるを得んでしょう!?

それにマッチォさんの顔、

よーく見れば左の頬、

「『いっぺー、やってくか?』って聞いて下さい」って書いてあるよ。

右の頬には「愛と誠」と書いてあるがな。

変ったメッセージだ。



というわけで"マッチォさんが持ってきてくれたのは、

マッチォさんご母堂手造り「金山寺味噌」。


1124.jpg

 

 

 

 

 

 

 





「なめ味噌」とか「もろみ味噌」等々と言われるが、

いわゆる調味料としての味噌ではなく、

そのままご飯に乗せて食べたり酒の肴につまんだり・・・という味噌だ。

スーパーに行けば市販の「金山寺味噌」が入手できるが、

やはり各々の家の手造りの味に勝るものはないと思う。

甘辛の具合、ピリ辛の具合、薬味の種類、具の種類・・・

いろいろ工夫が凝らしてあって実に楽しい。

しかも美味しい。


この夜マッチォさんが持ってきてくれた「金山寺味噌」も、

ご母堂のアイデアがキラリンッ!!!って光る逸品。

柚子の香りが爽やかに効いていました、はいっ。

私も日本酒に手が出そうになったです。



この夜【DUO'S BAR】を訪れたのは・・・マッチォさん

◎清酒「月桂冠 月」、アサヒ「極旨」、麦焼酎「和ら麦」

◎マッチォさんご母堂手造り「金山寺味噌」

 

 

PR

11192.jpg

 

 

 

 

 

 




夕方の電話。

久しぶりの声が、


「duoさん、ズガニがあるけど食べん?(食べないか?)」

「おー、もりもと君、ひさしぶり!ズガニ、何ぼでも食べるでぇ!(いくらでも食べるよ)」


この電話が昨晩の【DUO'S BAR】の始まりだった。

「ズガニ」の破壊力は凄まじいものだ。

チョロチョロっとメールを送るとゾロゾロと集まった面々。

「ズガニ」の美味さを熟知しているのだ。(おぢぃは苦手とこぼしていたが・・・)


「ズガニ」とは西日本の一部の呼び名で、

標準和名を「藻屑蟹」(モクズガ二)という。

淡水に生息する大型のカニで(生殖活動の時期は河口から海域)、

大きいものになると甲羅の幅が10cmほどになる。


晩秋、内子を抱いたメスは、

濃厚なカニ味噌と内子が詰って旬を迎える。

「ズガニ」というと何だか冴えない名のようだが、

このカニの仲間に標準和名「シナモクズガニ」というのがある。

何を隠そう中華料理では高級食材の「上海ガニ」のことだ。

美味いはずだ。

今、思い出してもヨダレが出てくる。

昨晩集まった面々の表情もほころんで・・・





翌朝、つまり今朝のことだ。

皆の集まっていた部屋・・・

「うっ、何、このニオイ!?」

狭い部屋に「ズガニ」の強烈なニオイと酒のニオイのコラボレーション。

床を見ると、

カニの殻の破片がイ―――――――ッパイ !!!!!!!

「オーマイガッ !!!!」



強兵共が夢のあと・・・なのね。(号泣)



この夜【DUO'S BAR】を訪れたのは・・・miyamoto氏、WOOさん、おぢぃ、棟梁、もりもと君、マッチォさん

◎清酒「月桂冠 月」、アサヒ「極旨」、泡盛「菊の露」、本格焼酎「摩周湖」

◎「えぞ鹿 大和煮」、「ズガニ」(モクズガニ)の塩茹で

 

1116.jpg

 

 

 

 

 

 

 




「欧米か!?」と聞かれれば・・・

まぁ、彫りの深い顔立ちは、

しばしば「アングロサクソン系ですね」と言われる。

トム・クルーズとジャン・レノをたしてオノ・ヨーコで割ったような・・・

どんな顔だ?

と、まあ、そういうわけでボジョレー・ヌーヴォだ。

しかもヴィラージュ。



グラスに注ぎ、まずは色。

鮮やかな赤、フレッシュな赤はヌーヴォならではの若さだ。

次に香り。

これもフレッシュ。

例年より際立っているとか、劣っている・・・

そういうことは私にはわからない。

わからないが何となく良いような気がするる

同様に味も飲みやすい赤ワインだとは思うが、

「美味しい赤ワインだ!」とは思わない。

でも良いような気がする。

要するに私は似非「欧米か!?」なのだ。

 


「今晩はぁ」と若干、呂律の怪しい声。

フラフラと赤ら顔で入ってきた今夜のゲストはmiyamoto氏。

ちょうどいい、感想をもらおう。

 

duo  「どうですか、今年のボジョレー・ヌーヴォは?」

miyamoto氏  「わからん!」



まじで酔っぱらいのmiyamoto氏でした。



この夜【DUO'S BAR】を訪れたのは・・・miyamoto氏

◎2006 ボジョレー・ヌーヴォ

◎duo自家製「野菜の浅漬け」

 

 

「帰って、すぐ寝られるから・・・」

と言ってカップ酒をひと口すすった。

何だろうと思って見れば、

パジャマの上にウインド・ブレーカーを引っ掛けて来ているのだ。

「そんなカッコウで・・・」

と言いながら私の視線は足元まで下がっていく。



「・・・?  お洒落な姿で登場ですな、WOOさん!!!」


彼ってば、

パジャマを着て足元は「REGAL」ですよ。

深夜のこと、誰も見てないと言っても、

自尊心というものがあるでしょ?

あるでしょ?



ないの?



この夜【DUO'S BAR】を訪れたのは・・・WOOさん、棟梁

◎KIRIN「のどごし生」、ASAHI「極旨」、清酒「月桂冠」

◎duo自家製「大根の皮の浅漬け」




「あーあっ、食べたかったなぁ、イベリコ豚!

  あーあっ、残ってないのかなぁ、ワニのハム!」

棟梁が持って来てくれた韓国土産のお裾分けをつまみながら、

未練たっぷりな声は久しぶりに登場のマッチォさん。

ここのところずっと歯車が噛み合わず、すれ違ってばかりなのだ。

 

 

「で、美味かったの、イベリコ豚は?」


でも聞かずにはいられないらしい、マッチォさん。

棟梁が応える。


「めちゃウマッ!」


「あ――――っ、聞きたくない!

 不愉快だなぁ!!!!

 くそぉ。よぉーし、今夜は飲むぞっ!!!」


私、マッチォさんを刺激しないように答える。


「もう、そろそろ時間が・・・」


「何ッ? 帰れってか? 
あ゛っ?」


「いや、決してそういう意味では・・・」


「ところでduoさん、これを預かって!

 昨日仕込んだばかり。

 一年経つといい味だすから、ヒヒヒヒ!」

 


マッチォさんからの預かりものは・・・

↓の写真。

 

この夜【DUO'S BAR】を訪れたのは・・・棟梁、マッチォさん

◎KIRIN「のどごし生」、泡盛「瑞泉」
◎韓国海苔、「チャンジャ」みたいな何か

 



0908.jpg

カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
duo
HP:
性別:
男性
最新CM
[08/26 duo]
[08/26 おぢぃ.com]
[08/08 duo]
[08/07 おぢぃ.com]
[07/14 duo]
[07/13 おぢぃ.com]
[07/03 duo]
[07/02 おぢぃ.com]
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]