忍者ブログ
なんちゃって太公望「duo」の雑記
[246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

08020501.JPG













●「ヒメエゾボラ」【腹足綱前鰓亜綱真腹足目 エゾバイ科 エゾバイ属】

3日(日)の釣行から帰ると、
仙台から「つぶ貝」が届いていた。
10~13cmの殻入りが12~3個。
う~ん、どうやってやっつけちゃおうかなァ♪

ここ山陰では「つぶ貝」という商品名を目にすることはない。
だから「つぶ貝」という固有名詞なのだと思われかねないが、
実はこれは非常に多岐にわたる巻貝を差す俗称なのだ。
例えばその一部を挙げてみると、
・アヤボラ ・ヒモマキバイ ・シライトマキバイ ・スルガバイ ・エゾバイ
・エッチュウバイ ・ツバイ ・エゾボラ ・ネジボラ ・カラフトエゾボラ 
・カガバイ ・クビレバイ etc etc ととにかく幅広く、
地域・流通段階・個人・・・と使い方も様々で、
定義も有るのかどうか判然としないほどだ。

さて、というわけで今回の「つぶ貝」はタイトルの通り「ヒメエゾボラ」。
「真つぶ」と呼ばれる「エゾボラ」に比べ評価は少々下がるのだそうだが、
調理法によっては非常に美味しい貝なのだという。
果たしてその味は・・・

08020502.JPG













身を取り出し「唾液腺」を取り除き、
4~5個分の少し多いかなという量を切り分ける。
そのうちの一部を刺身用に小皿に取り残りは醤油漬けに。
後の8~9個は殻ごと下茹でし、
身を取り出してこれまた唾液腺を取り除く。
これを殻に戻し醤油とみりんを垂らして網焼きにすれば・・・
お~っ、香ばしい香りが食欲をそそるぅ!!!!!!
もう、ごじゃごじゃと細かなことは言うまいぞっ。
野暮なことこの上ない。
一気に行くぞぉ――――――――――っ!!!!!!!!!!!
うりゃーっ!

●「ヒメエゾボラの刺身・醤油漬け・焼きつぶ」
 ◇話題性・・・★★★
 ◇ 味  ・・・★★★★

※「唾液腺」には「テトラミン」という神経毒が含まれる。
 命にかかわることはないが、頭痛・モノが二重に見える等、
 酒に酔ったような症状が出る。
 症状が出てから2~3時間で治る。

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
duo
HP:
性別:
男性
最新CM
[08/26 duo]
[08/26 おぢぃ.com]
[08/08 duo]
[08/07 おぢぃ.com]
[07/14 duo]
[07/13 おぢぃ.com]
[07/03 duo]
[07/02 おぢぃ.com]
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]