忍者ブログ
なんちゃって太公望「duo」の雑記
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

081119.JPG













鳥取市では昨日初雪を観測した。
これは例年より2週間早い初雪とのこと。
例年のことではあるが、
「今年は大雪になるかもしれん」
という人々の囁く声が聞こえてくる。
山々はすでに雪化粧をしているのだ。
あの遥か彼方の白が街を染めるのももうすぐだろう。

雪を思えば温かい鍋が恋しいが、
今夜は何にもない一人だけの慰労会だ。
イベントが一つ終わり肩が少しだけ軽くなった。

 

PR

08111501.JPG













ローカルの週間予報では、
来週は極端に冷え込むと言っている。
その中で「雪が舞う」という言葉が出るほどだが、
まさか平野部の話ではないにしろ冬はすぐそこまで来ているのだろう。

郊外の森は好天の週末だというのに人気はなく、
私の落ち葉を踏む音がやけに大きく聞こえる。
遊歩道を外れて森の中に分け入って見つけた。
金色の落ち葉の下に隠れるようにドングリ。

08111502.JPG

















んっ!?

人気のない森と思いきや私の数メートル背後に怪しげなジジイ。
落ちぶれた素行の悪そうな仙人のような風体で私の後ろをつかず離れずついて来る。
まさかこの森に住み着いているのか?

ええい、ついて来るな!!!
恐えよ!
マジ、恐えからついて来るなって・・・

 

081108.JPG













今年もカニの時節到来。
「待ってました!」と言いたいところだが、
日本海側に暮らす者にとってこれは本格的な冬をイメージさせるものでもある。
この冬、雪はどうなることやら。

写真は解禁直後の揚がりたて、ピッカピッカの「親ガニ」。
「せこがに」とも「こうばこ」とも呼ばれるズワイガニのメスのことだ。
「松葉ガニ」や「越前ガニ」等のオスに比べると非常に安価だが、
サイズこそ小さくて身も少ないものの味わいは折り紙つきの逸品。
地元では「松葉を食うくらいなら親ガニを10パイ食った方がよっぽどエエ」
という声が聞こえるほど・・・
いや、言うまい。
知らねぇ奴らは高価な「松葉ガニ」を食べていればよろしい。
「親ガニ」は地元だけで消費させてもらおう(笑)。

調理例 → http://www.geocities.jp/duoneemu/recipe1.html

 

08110301.JPG













「スーパーの『干し柿』が10個で800円だって、高過ぎる!」
と憤懣やるかたない我が家のお上さん。
ある日とうとう業を煮やしたのか、
一カゴ980円也の西条柿を買ってきて宣言した。
「よし、自分で『干し柿』を作る!」

値段相応なのか中に随分と熟したものが混ざっている。
いくら西条とはいえこれほどポテッと熟した柿、
よもや渋味などなかろうとひと口食べてみれば、
「甘っ!!!!!!!」
予想以上に甘い。
はて、西条は熟れるだけでこんなにも甘くなるものか?
ひょっとして別種などということはあるまいな、
と若々しい奴を掴んで一かじり・・・・・・・






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



んば~~~っ!!!!


ペッ、ペッ、ペッ、ペッ、!
ハァハァハァハァ・・・・(涙)


08110302.JPG















な、なるほど、
渋いかきほど甘くなるというのはこういうことか。
だけどこういうものをいくつも干すのなら、
たまには干物も作ってくれよ、なあ君。

081027.JPG













太郎が一心に睨んでいるのは蒸かしたサツマイモ。
気に入ったものはいつもこうだ。

「そんなに睨んどらんでも、逃げりゃせんて」
と言ってもどこ吹く風。
ひたすらイモを睨みつけ私が「食べても良い」と言うのをじっと待っているのだ。

それにしてもどこの犬もそうなのだろうか?
サツマイモ。
こんなものが大好きな犬って・・・あり?
太郎を見ていると、
和牛のサーロインのブロックよりもサツマイモに飛びつきそうなんだけど。

08102601.JPG













何だかいきなりキモイ写真で恐縮だが、
禿げ頭のオヤジの入浴姿を上から撮った・・・
というような趣味の悪い写真ではない。
では何?

これは「かろいち」の水槽に泳ぐ「ミズダコ」の頭(正確には胴部)。
「ミズダコ」はタコ類最大のタコで、
体長は3m以上になり体重も大型のものは30kgを超える。
下の写真 ↓ でも分かるとおり、
子供と比較してみるとその大きさがよくわかる。

08102602.JPG

















ところで、
わが家では魚介類売り場を水族館と呼んでいる。
「スーパーoooの水族館に行ってくる」というように使うが、
単に「水族館に行く」という場合は「かろいち」を差すことが多い。
恐らく「かろいち」の従業員の間では私のことを、
「買わんくせに嬉しそうな顔をしてウロウロ魚を見るだけの変なオヤジ」
というレッテルを貼られているのではなかろうか・・・

そう、この「ミズダコ」の写真を撮った日も、
写真だけ撮って帰って来ちゃった。
だって見るだけで満足しちゃうんだよ。

081025.JPG













某駐車場で日向ぼっこ中の野良猫三兄弟。
野良とは思えぬほどの警戒心の無さ、
気をつけろ!!!
最近、わが家のお上さんは猫にご執心だ。
油断していると誘拐されてしまうぞ。
特に左の三毛。
お前の体型はお上さんの好みだよ。
そのポヨヨンな感じが・・・

081020.JPG













昨日「かろいち」で購入したキノコ、
「本シメジ」と書いたがどうも天然の本シメジではなさそう。
本来ならば松茸の数倍はするという天然の本シメジだが、
それが「かろいち」ではここに書くのもためらわれるほど安価で売っていた。
「この価格で本当にシメジか?」と思いはしたのだが・・・
やはり銭は嘘をつかぬのか。

このシメジ疑惑に決定的な特大疑問符が浮上したのは、
吸い物にキノコを浮かべ、
残りのキノコを網焼きにするべく焼き始めた時。
「吸い物の塩加減はどうかな?」と味見をしたお上さんが「苦っ!!!」
「そんな馬鹿な、君の舌がおかしいから」と私も味見をして「苦っ!!!」

「オイオイオイオイ、ヤバインデナイノ、ヤバインデナイノ、ヤバインデナイノ!?」

情けない話だが、
正直、ビビってしまった。
三口ほど食べた私、
腹痛くらいはあるだろうなぁと観念してしまったのだ。

翌朝、何事もなく起床。
ふむ、本当は何だったのか?

カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
duo
HP:
性別:
男性
最新CM
[08/26 duo]
[08/26 おぢぃ.com]
[08/08 duo]
[08/07 おぢぃ.com]
[07/14 duo]
[07/13 おぢぃ.com]
[07/03 duo]
[07/02 おぢぃ.com]
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]