忍者ブログ
なんちゃって太公望「duo」の雑記
[97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日曜日の「安平」は、
大きな驚きと更にそれを上回る満足を与えてくれた。

「大将、まいりました。
 もう、ほんと、帰ります。
 おあいそお願いします」
「ハイよ、おあいそね

お上さんを促し立ち上がろうとするその刹那、

「ところでduoさん、これ何かわかる?」

大将が小鉢を差し出しながら聞いてきた。
これはおあいその計算ができるまでのつなぎだ。
気軽に受け取り小鉢の中を覗き見た。

070216.jpg

 

 

 

 

 

 

 

ふむ、白子には違いなさそうだが、
さて、何の白子か・・・

まさか大将の白子ってことは・・・
そんなことは言わねえがな。

 





絹のように純白の、
いかにも爽やかさが伝わって来るような白子だ。
この時期、
しかも今日の安平のお品書きに関係ある食材・・・
だが思い当たるものがない。

「いや、わかりません」

と、大将に小鉢を返そうとすると、

「いいよいいよ、食べてみて」
「えっ、いいんですか?」

つなぎじゃなかった
酒飲みの「帰る」ほど当てにならないものはない。
意志など有って無きが如し。
あえなく崩壊してしまうのだ。
というわけで浮きかけた腰が、
再び静かに着地した。

ひと口食べてみる。
ムムム。
何と清楚ではかない味わい。
微かに上品な香りがあるが、
極めて控えめに漂い、
もみじおろしとポン酢と白子の見事な調和だ。
トラフグの白子は中国古代四大美女の一人「西施」の乳房だという。
この白子は例えるなら、
若かりし頃の松原智恵子の・・・(失礼)

それにしてもこれは良い。
キレの良い日本酒との相性は抜群に良さそうだ。
だが何の白子だろう。
食べてみてなお思い当たるものがない。

「大将、わかりません」

白旗を揚げた私に、
大将がいくぶん得意げに答えた。


「それな、蛸(タコ)の白子やねん」


● 「蛸の白子の刺身」

◇味   ★★★★

◇話題性★★★★★


  

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
duo
HP:
性別:
男性
最新CM
[08/26 duo]
[08/26 おぢぃ.com]
[08/08 duo]
[08/07 おぢぃ.com]
[07/14 duo]
[07/13 おぢぃ.com]
[07/03 duo]
[07/02 おぢぃ.com]
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]