忍者ブログ
なんちゃって太公望「duo」の雑記
[275]  [274]  [273]  [272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

08032801.JPG













●「アカムツ」(のどぐろ)【スズキ目 スズキ亜目 ホタルジャコ科 アカムツ属】

前回の「かろいち」で「エゾボラモドキ」を買った日曜日、
実は「アカムツ」(のどぐろ 以下「アカムツ」)も1匹買って帰った。
やはり1匹だからだろうか、あばさんの態度は誠に素っ気ない。
「ふん、680円」
「ふん」てその態度(怒)・・・と思いながらもこのサイズが680円、
お買い得じゃないのぉ!ラララ、ラィ♪(笑)

さて「アカムツ」、
以前この「食の考察」で「日本海で揚がる魚で最も高価」と紹介した。
( こちらをどうぞ→ http://duoneemu.blog.shinobi.jp/Entry/187/ )
もちろん太平洋で揚がる魚の中でもスペシャル高級魚だ。
何しろ食味の評価の高さが尋常ではない。
試しに検索してご覧じろ。
幻の超高級魚、とろけるような絶妙な味と希少性、美味中の美味、赤い宝石 etc
と、何だか「トリュフ」や「フォアグラ」に迫る勢いだ。(笑)
で、その「赤い宝石」、
いろいろ考えた結果、今回の調理法は「松皮造り」。
(三枚に下ろした身に熱湯をかけ、氷水で締めて切り分ける)

08032802.JPG













やや厚く切り過ぎたかなと思いつつも我ながらなかなか上々の出来。
あっさりとしてはいるがしっとりと脂が乗り、
噛み締めるほどに旨味が舌の上に広がるのが良くわかる。
確かに旨い。
実に旨いのだが・・・

「赤い宝石」と呼ばれる超高級魚。
手のひらサイズで1,000円近い値を付けて「大売出し」と言う。
それでも売れるからこの価格なのだろうが、
私なら1,000円有ったら今後は違う買い方をするなぁ。
「アジ」「サバ」「イワシ」に今の時期なら「ドギ」。
上手くすれば1週間、3食とも魚にありつけるのでは?

●「アカムツ」(のどぐろ)
 ◇話題性・・・★★★
 ◇ 味  ・・・★★★☆

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
duo
HP:
性別:
男性
最新CM
[08/26 duo]
[08/26 おぢぃ.com]
[08/08 duo]
[08/07 おぢぃ.com]
[07/14 duo]
[07/13 おぢぃ.com]
[07/03 duo]
[07/02 おぢぃ.com]
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]