忍者ブログ
なんちゃって太公望「duo」の雑記
[286]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [279]  [278]  [277]  [276
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

08042101.JPG













「この写真、ビーチじゃないだろ?」というツッコミが聞こえてきそうだが、
そういう声にはシカトを決め込んでひたすら拡大解釈してしまう。
「すぐそばのビーチと繋がってんだよ!」
これもまた「TEAM★DAYBREAK」風。

写真は小さな漁港の防波堤。
何やらゴムの管のようなものが落ちてるなと近づいて見てみれば、
これが釣り上げられて放置され絶命したのだろう「ダイナンウミヘビ」。
少々干乾び気味だがやはり何ともおぞましい顔だ。
おぞましいのだがこれを釣った釣り人、
釣り上げた魚を海に帰してやる心の余裕はなかったのか?
必要としないものが釣れたからと徒に命を奪い、
それをこれ見よがしに晒してしまうのは何故?
あまつさえ公共の場を汚したままにして、
そんな趣味が楽しいと胸を張って言えるのか?
「ダイナンウミヘビ」の嘆く声が聞こえてきそうだ。

08042102.JPG













閑話休題。
ウミヘビというがこの「ダイナンウミヘビ」、
ややこしいのだが分類では「ウナギ目ウミヘビ科」に属しており、魚類だ。
ヤヤコシヤ~ア、ヤヤコシヤ♪
それとは別に爬虫類としての「ウミヘビ」がいるのだが、
これはコブラ科に属しすべてが猛毒を持つのだそうだ。
とは言え「ダイナンウミヘビ」、
魚だし、毒も無いんだ・・・と軽く考えるなかれ。
釣り上げられてなお生命力強く、
鋭い歯で噛み付き胴を絡めてくるから歯が深く深く突き刺さる。
そういう意味ではやはり危険極まりない魚と言えそうだ。

まあ、魚と言ってもまず食べられたモンじゃないそうだから、
万が一釣れたなら仕掛けごとハサミで切り離し、
すぐに海にお帰り願おう。
ひょっしたら「浦島太郎」よろしく「ダイナンウミヘビ」が、
「先ほどのお礼に参りました。どうぞ私の背中に・・・」なんて来るかも知れんぜ。

私は間違っても付いて行かんがな。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ちょっと笑える食の考察
どうしたんだ duo

どうしたんだ 食の冒険者たる者が

文末に☆☆☆☆がないよ
もしかして、明晩の・・・
おぢぃ.com 2008/04/21(Mon)22:23:37 編集
大いに笑えた食の考察
「ダイナンウミヘビ」を食べたと思ったのか?
これをか?
ガハハハハハハッ!!!!!!!!!!!!!

えっ、ひょっとして食べたかった?
duo 2008/04/22(Tue)08:32:04 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
duo
HP:
性別:
男性
最新CM
[08/26 duo]
[08/26 おぢぃ.com]
[08/08 duo]
[08/07 おぢぃ.com]
[07/14 duo]
[07/13 おぢぃ.com]
[07/03 duo]
[07/02 おぢぃ.com]
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]